Windows10で言語バーが表示されない時の対処方法

ある日、Windows10の言語バーが消えているのに気付きました。

言語バーを復活させる方法を検索していろいろと試してみたのですが、なかなか復活しません。

いろいろなサイトを見ると、コントロールパネルから「言語の設定の変更」→「詳細設定」で「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れればいいとか、それでも表示されない場合は「言語の追加」で「日本語」を削除して再度追加しなおせばいいとか書いてますが、何をやっても復活しませんでした。

で、うまくいった方法がこちらです。

  1. コントロールパネルから「言語の追加」を選択。
  2. 「詳細設定」をクリック。
  3. 「規定の入力方式の上書き」で「英語」を選択して保存。
  4. 再び「日本語」を選び直して保存。

これで言語バーが復活しました。

 

ドン・キホーテが19800円1.2kgの軽量ノートパソコンを発売

ドン・キホーテが税別価格19800円のノートパソコンを12月1日に発売すると発表しました。

液晶は14.1型のIPSパネルで、解像度はフルHDの1920×1080と、一般的なスペック。

CPUはAtom x5-Z8350を採用し、1.44GHzの4コアなので通常の利用には問題なし。

気になるのはメモリとストレージ。

ストレージは32GBのeMMCなので交換不能。

まあストレージに関しては、アプリをがつがつインストールして使うようなパソコンでもないので、クラウドのストレージを使えば事足りるし、SDカードスロットで増設するという手もあるのである程度はなんとかなります。

 

が、メモリ2GBで増設不可というのがけっこう厳しいかも。ブラウザ起動していくつかタブを開いてたらメモリ不足になってスローダウンしそうな予感。

30万画素のWebカメラがついてるんだけど、これ需要あるのか?だって30万画素って、640×480でしょ。

中古でよければ、こっちのノートパソコンの方が使えそうな感じ。