パーマ大佐による「森のくまさん」改変問題について

パーマ大佐がYouTubeにアップした「森のくまさん」が人気で、CD化されて発売されました。

ニュースなどで取り上げられたためか、CDはどのショップも完売です。

Amazonは、高値で出品されているようです。

森のくまさん(DVD付)

森のくまさん(DVD付)

posted with amazlet at 17.01.20
パーマ大佐
ユニバーサル ミュージック (2016-12-07)
売り上げランキング: 35

もともとは、YouTubeにアップされた動画から話は始まるので、とりあえず貼っときましょう。

2015年6月26日に公開されています。

(いつの間にか非公開になってました)

これを作った時点で作詞者に了解を取っていたのかどうかはわかりません。

もともとはアメリカの民謡で、1972年にNHK「みんなのうた」で放送されたことで、一般的に知られる曲になったようです。その時点では「作詞作曲者不明」とされていました。

そして、Yahoo!知恵袋にこのようなQAが。

要するに、この馬場祥弘氏という人物は、作者不詳の曲などを探しては、自分が作ったと主張して著作権を自分のモノにしているようです。

実際のところは作詞したかどうかは怪しいですが、一応著作権を保持しているのが馬場祥弘氏ということになってます。

そういう経緯を考えると、今回の騒ぎも、訳詞の情感に合うかどうかなんてまったく問題ではなく、カネを取りに来たということなんでしょうね。

ユニバーサルミュージックも、おそらく通常の手続きで詞の改変許可を取ったんじゃないかと思います。

しかし、相手が通常ではなかったということですね。

 

鈴木奈々さんが出演したMVはこちら。

 

昨日のニュースで和解が伝えられてました。

以降の製造分では「加詞 パーマ大佐」という表記を追加するという条件での合意だそうです。