海面が7mm低下する水の量ってどのくらい?


 2010年と2011年にオーストラリアで洪水を発生させた豪雨が原因で、世界の海面が7mm低下したという研究結果が発表されたそうです。

a0027_000028

2010年と2011年にオーストラリアで洪水を発生させた豪雨が原因で、世界の海面が7mm低下したという研究結果が発表された。

不思議なことに海面は2010年に7mm低下し、その後1年半にわたって予想を下回る水準だった。この水がどこへ行ったのかについて研究してきた海洋学者たちは、その行方がオーストラリアだったと結論した。
世界の海面を低下させた「オーストラリアの豪雨」 « WIRED.jp

 海面が7mm低下するって、いったいどのくらいの量なんでしょうね?

 ちょっと計算してみましょう。

 Wikipedia を見ると「海の面積は約3億6106万km2で」と書かれています。この全体が7mm低下したということですよね。とりあえず面積の単位を平方メートルにしてみましょう。大まかな値でいいので、有効桁数は上位2桁のみにしましょう。

 360000000 x 1000 x 1000 = 3.6 x 1014 m2

 減った体積は、これ全体の7mm分です。

 3.6 x 1014 m2 x 7 x -3 m

≒ 2.52 x 10 12 m3

 はい、まったくわかりません。

 体積といえば東京ドームですよね。

 Wikipediaによると、東京ドームの体積(容積)は 124万m3と書かれています。

 割ってみましょう。

 2.52 x 1012 m3 / 1.24 x 104

= 2.03 x 108

 だいたい、東京ドーム2億個分の水がオーストラリアに降り注いだみたいです。

 やっぱりわかりません。

 視点を変えてみて、オーストラリアの内陸部にこれだけの水をだばぁしたとき、どのくらいの水深になるのか計算してみましょう。

 Wikipediaによるとオーストラリア全体の面積は7,686,850km2だそうです。内陸部の面積はちょっと調べただけではわかりませんでした。見た感じでは80%くらいが内陸部になるのでしょうか。

 7.7 x 1000000 x 1000 x 1000 m2 x 0.8

= 7.7 x 1012 x 0.8 m2

= 6.16 x 1012 m2

 この面積に東京ドーム200万個分の水をだばぁしてみましょう。

 2.52 x 10 12 m3 / 6.16 x 1012 m2

 = 0.41

 ということで、41cmの水深になるみたいです。

 オーストラリア内陸部は乾燥した地域なので、41cm分の水が降ってきても、それなりの時間が経過すれば吸収してしまうんでしょうね。

コメントを残す