ウィルス感染を偽装する糞広告に注意


 先日、お風呂でFacebookを見てた時に、ある人が紹介してたサイトを見てみたわけです。あ、Facebookアプリは入れてないので、Chromeブラウザでアクセスしてます。

 そのサイトを見てる途中に、たまたま表示された広告を触ってしまったらしいのです。

 その結果、表示された画面がこれ。

appdownscargo

 Googleのサイトを偽装してますが、ブラウザのアドレスバーから jp.appdownscargo.com であることがわかります。また、アラートダイアログの表示もそうなってます。

 で、このダイアログを閉じると、ウィルスを駆除できるというアプリに誘導しようとします。

 でも、実際はウィルスには感染してないのです。

 「ウィルスに感染しており、ブラウザが極度に破損しています。」とユーザの不安を煽って、アプリをインストールさせようとしているだけです。

 このような画面が表示されたら、アラートダイアログのOKボタンをタップして、タブを閉じてしまえば問題ありません。

 このようなあやしいアプリをインストールするほうが、実はスパイウェアだったりする可能性が高いので、避けるべきです。

Androidの「戻る」ボタンでFacebookに戻ろうとしましたが、JavaScriptで戻る操作をブロックしているようで、戻れません。タブを閉じるしかないです。

コメントを残す