IFTTTでMastodonのTootをTwitterに投稿する方法

Mastodonのアカウントを作りました。

https://oransns.com/@satoshis

ここでのTootを、IFTTTを利用して、Twitterに自動で投稿するように設定してみました。

まずは、IFTTTにログインして、右上の自分のアイコンをクリックします。
ドロップダウンメニューで「New Applet」を選択します。

「+this」をクリックして次の画面に進みます。

Choose a serviceで、「RSS Feed」をクリックします。

Choose triggerでは「New feed item」「New feed item matches」をクリックします。

最初、New feed itemでやったんですが、そうするとBoostがそのまま自分のツイートとして投稿されてしまいました。

なので、matchesで自分のTootだけをTwitterに流すように条件を指定します。

Complete trigger fields で Keyword or simple phrase に「New status by (アカウント名)」を入力し、Feed URLに自分のMastodonアカウントのURLを入力し、最後にRSS Feedを指定するための「.atom」を追加します。

Feed URLを入力後、「Create trigger」をクリックします。
クリック後にRSS Feedを確認しているみたいで、ちょっと時間がかかります。

しばらくすると、次の画面に遷移します。

ここでは、「+that」をクリックします。

Choose action serviceで「Twitter」をクリックします。

Choose actionで、「Post a tweet」をクリックします。

Complete action fields で「Tweet text」の内容を設定します。
最初は EntryTitle と EntryUrl が入力された状態になっていますが、両方とも消去します。

そして、右下の「Add ingredient」をクリックします。
すると、選択可能な項目がドロップダウンメニューで表示されるので、「EntryContent」を選択して、「Create action」をクリックします。

次の画面で「Finish」をクリックすると、設定が完了します。

Mastodonで投稿してみて、Twitterに反映されるかどうか試してみましょう。

駅に落ちてた片方のサンダルの持ち主が見つかるTwitterすごい

虎の味噌「ズル休みします」

虎の味噌が「ズル休みします」と書いて臨時休業にしたツイートが話題になってます。

 

これでふと思ったんですが、店を出してる人は、臨時休業するときに、ツイッターなどで話題になりそうな理由を書いておけばいいと思いますよ。

ツイッターなどで話題になれば、無料なのにものすごい宣伝効果がありますよね。

斎藤一人さんが言ってるとおりです。

  1. お金を出さずに知恵を出す。
  2. 知恵がなければ、汗を出す。
  3. 汗も出ないやつは追い出す。

知恵を出しましょう。

(^ω^)

【画像】鏡越しの母親がまるでホラー

 ツイッターでRTで回ってきた画像。最初は「怖っ!」って思いましたよ。

 で、そのツイートをリプライを見たら、最初がこれですよ。

うまいですね。

フォントの選び方、セリフの入れ方。

 タイトルの下は「NAKED INC.」っぽいですね。画像がボケててはっきりわかりませんが。

 コピーだとかパクリだとかは置いといて、こういうセンス、閃き、そしてすぐに画像加工してアップする行動力はすばらしいと思います。